無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
UIBarButtonItemでSegue移動できなかった
UINavigationBarを
UIBarButtonItemでボタンを指定し、targetをself、actionを設定して、segueでpushしようとしたらできなかった。

UIBarButtonItem *addButton = [[UIBarButtonItem alloc]
 initWithBarButtonSystemItem:UIBarButtonSystemItemAdd
 target:self
 action:@selector(gotoNew:)];

 self.navigationItem.rightBarButtonItems = [NSArray arrayWithObjects:addButton, self.editButtonItem, nil];


 - (void)gotoNew:sender
 {
  [self performSegueWithIdentifier:@"addNote" sender:self];
 }


" [UIButton isSystemItem]: unrecognized selector sent to instance " と表示されて移動できなかった。
他のsegue 名だと移動できたのに・・・?


JUGEMテーマ:インターネット


| tako | Mac | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
PhoneGap(Cordova)でError: ERROR : executing command 'ant', make sure you have ant installed and added to your path. のエラーが出た
MacでPhoneGap(Cordova)を使おうとして Apache Cordova API に書いてあるようにやったら、詰まったので。

cordova platform add ios
これでiOSのプラットフォームの追加ができたので、次にAndroidを追加しようと
cordova platform add android
としたら、

.cordova/lib/android/cordova/3.3.0/bin/node_modules/q/q.js:126
       throw e;
Error: ERROR : executing command 'ant', make sure you have ant installed and added to your path.

な感じのエラーが出て、プラットフォームの追加ができない。iOSの追加は簡単だったのに・・・。


Googleで検索したら、MavericksにはAntがないから入れろとのページへ。

簡単解決はこんな感じ
The error message proved to be true as Apache Ant isn't in the path of Mac OS X Mavericks anymore.

Bulletproof solution:

Download and install Homebrew by executing following command in terminal:

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)"


Install Apache Ant via Homebrew by executing

brew install ant


Run the PhoneGap build again and it should successfully compile and install your Android app.


Homebrewは既に入れてあったので、brew install ant としたら、インストール完了。
めでたくAndroidのプラットフォームの追加ができた。
Mac OS X Mavericks (10.9)の場合みたい。


[iOS/Android対応] HTML5 ハイブリッドアプリ開発[実践]入門 (Software Design plus)


JUGEMテーマ:インターネット


| tako | Mac | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Homebrewでmysql5.6をインストールすると、my.cnfは?
Homebrewを利用してMySQL5.6をインストールすると、サンプルになるmy.cnfファイルはどこにあるのだろう?

/usr/local/Cellar/mysql/5.6.3/ 以下にできる.cnfファイルは
my-new.cnfとmy.cnf
中身は
# For advice on how to change settings please see
# http://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/en/server-configuration-defaults.html

[mysqld]

# Remove leading # and set to the amount of RAM for the most important data
# cache in MySQL. Start at 70% of total RAM for dedicated server, else 10%.
# innodb_buffer_pool_size = 128M

# Remove leading # to turn on a very important data integrity option: logging
# changes to the binary log between backups.
# log_bin

# These are commonly set, remove the # and set as required.
# basedir = .....
# datadir = .....
# port = .....
# server_id = .....
# socket = .....

# Remove leading # to set options mainly useful for reporting servers.
# The server defaults are faster for transactions and fast SELECTs.
# Adjust sizes as needed, experiment to find the optimal values.
# join_buffer_size = 128M
# sort_buffer_size = 2M
# read_rnd_buffer_size = 2M

sql_mode=NO_ENGINE_SUBSTITUTION,STRICT_TRANS_TABLES

こんな状態。
Googleなどで検索してmy-small.cnfがあるから〜等の説明の通りsupport-filesフォルダ以下を見ても特になし。
my-default.cnf があるが、それも上記と同様。

自分で作るしかないのかな?




エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド


JUGEMテーマ:コンピュータ


| tako | Mac | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
OS X(Mountain Lion)のPHPを5.3から5.4へした際のメモ
Homebrewを使って、OS X(Mountain Lion)のPHPを5.3から5.4へした際のメモ
PHPのバージョンは、5.4.14でした。

brew install php54 --with-mysql
brew install mcrypt
brew install php54-intl php54-mcrypt

php.ini用にExtensionsも設定してくれるっぽい。

/etc/apache2/httpd.confを書き換え
LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

LoadModule php5_module /usr/local/Cellar/php54/5.4.14/libexec/apache2/libphp5.so



Homebrewを使わないで先に入れてたmcryptがあったので、それで色々問題みたい。

PHP Startup: Unable to load dynamic library '/usr/local/Cellar/php54/5.4.14/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20100525/mcrypt.so'

上記のようなエラーが出てよくわからないまま、指示に従ってフォルダのパーミッション変えたり、既存のファイル(mcrypt.h)を削除したりしてなんとか。



APPLE MacBook Pro 13.3/2.5GHz Core i5/4GB/500GB/8xSuperDrive DL MD101J/A


JUGEMテーマ:インターネット


| tako | Mac | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Mac OS X 10.5以降 Apacheのログローテーションメモ
Mac OS X 10.5以降 Apacheのログローテーションメモ

/etc/newsyslog.conf を開く

ファイルの最後に
/var/log/apache2/access_log 640 5 100 * J /var/run/httpd.pid
/var/log/apache2/error_log 640 5 100 * J /var/run/httpd.pid
を追加し保存

/var/log/apache2/access_log ←ローテーションしたいファイル
640             ←切り出したログのアクセス権
5              ←保存しておきたいログの数
100             ←切り出しのタイミング(このサイズ(kb)に達した時ローテーション実行)
*              ←切り出しのタイミング(時間):*入力でサイズだけで行われる
J              ←ログの圧縮(Z:gzip, J:bzip2, B:Binary, -:圧縮なし)
/var/run/httpd.pid      ←PIDファイル指定(ログをローテートしたことを伝えるPIDファイルを指定)

詳しくは「MacOSXでサーバー家業:Web共有機能のログをローテーションさせよう」参照


Apacheポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)


JUGEMテーマ:コンピュータ


| tako | Mac | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
OS X のPHPにmcryptを追加
phpmyadminを利用するのにmcryptが入っていないと警告を受けるのでそれをなくすためと、最近流行っているらしい、LaravelというFrameworkを利用してみるため。

参考:Rob Allen's DevNotes:Setting up PHP & MySQL on OS X 10.8 Mountain Lion

上記サイトを参考にしました。
XCodeを入れてない場合、インストール。

1. Download libmcrypt-2.5.8 from sourceforge
2. Download the correct PHP source code from here. At the time of writing you need version 5.3.13.
3. Install Xcode from the Mac App Store and then install the command line tools from within Xcode
4. Install autoconf using homebrew.
5. Extract the libmcrypt and PHP source code into ~/Desktop/src.
6. Compile and install libmcrypt. Type these lines into the Terminal :
 1. cd ~/Desktop/src/libmcrypt-2.5.8
 2. MACOSX_DEPLOYMENT_TARGET=10.8 CFLAGS='-O3 -fno-common -arch i386 -arch x86_64' LDFLAGS='-O3 -arch i386 -arch x86_64' CXXFLAGS='-O3 -fno-common -arch i386 -arch x86_64' ./configure --disable-dependency-tracking
 3. make -j6
 4. sudo make install
7. Compile and install the crypt PHP extension. Type these lines into the Terminal :
 1. cd ~/Desktop/src/php-5.3.13/ext/mcrypt
 2. phpize
 3. MACOSX_DEPLOYMENT_TARGET=10.8 CFLAGS=’-O3 -fno-common -arch i386 -arch x86_64′ LDFLAGS=’-O3 -arch i386 -arch x86_64′ CXXFLAGS=’-O3 -fno-common -arch i386 -arch x86_64′ ./configure --with-php-config=/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/Developer/SDKs/MacOSX10.8.sdk/usr/bin/php-config
 4. make -j6
 5. sudo make install
 6. Add extension=mcrypt.so to the end of /etc/php.ini using your favourite text editor
 7. Restart Apache using sudo apachectl restart
 8. Open up the info.php file and check that crypt is installed


この通りにやるとOKでした。
自分のところに既に入っているPHPのバージョンが、5.3.15だったので、ダウンロードしたものはそれと同じバージョンにしました。

brewでautoconfをインストールするのを忘れていたため、./configure で no such file or directoryとエラーが出てしまい、気がつくまで「?」でした。homebrewでなく、macportsを使っている場合、sudo port install autoconf でautoconf をインストールになると思います。

手順
1) sourceforgeからlibmcrypt-2.5.8.tar.gzをダウンロード。
2) php.netからPHPのソースコードをダウンロード。
3) Xcodeからコマンドラインツールをインストール。
4) Homebrewを使い、autoconfをインストール。
5) ~/Desktop/src フォルダを作成し、そこへlibmcryptとPHPを開く。
6) ターミナルを開き、~/Desktop/src/libmcrypt-2.5.8へ移動し、次を実行。
 1. cd ~/Desktop/src/libmcrypt-2.5.8
 2. MACOSX_DEPLOYMENT_TARGET=10.8 CFLAGS='-O3 -fno-common -arch i386 -arch x86_64' LDFLAGS='-O3 -arch i386 -arch x86_64' CXXFLAGS='-O3 -fno-common -arch i386 -arch x86_64' ./configure --disable-dependency-tracking
 3. make -j6
 4. sudo make install
7) ターミナルより ~/Desktop/src/php-5.3.13/ext/mcrypt へ移動し、次を実行。
 1. phpize
 2. MACOSX_DEPLOYMENT_TARGET=10.8 CFLAGS='-O3 -fno-common -arch i386 -arch x86_64' LDFLAGS='-O3 -arch i386 -arch x86_64' CXXFLAGS='-O3 -fno-common -arch i386 -arch x86_64' ./configure --with-php-config=/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/Developer/SDKs/MacOSX10.8.sdk/usr/bin/php-config
 3. make -j6
 4. sudo make install
8) /etc/php.ini を開き、extension=mcrypt.so を追加
9) Apacheを再起動(sudo apachectl restart)



JUGEMテーマ:コンピュータ
| tako | Mac | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |