無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Laravel4で表示させる
以前、「Laravel 4のインストールからHello World!表示」で、Hello World!を表示させるのに、

public/.htaccess をデフォルトのままにしていたため出ていたエラー。
UserDir内でLaravelを利用する場合、デフォルトの.htaccessを少し変更
変更と言っても .htaccess の
RewriteRule ^(.+)/$ http://%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L]
を削除またはコメントアウト


と書いたが、またファイルが変わったのかどうか知らないけれども、久しぶりにcomposerからインストールしてLaravel4を使おうとしたら、http://localhost/~xxx/laravel/public/では表示できるのに、routes.php に
Route::get('/users', function() {
return 'Users!';
});
と書いて、http://localhost/~xxx/laravel/public/users にアクセスしたら、
public/index.php was not found on this server.
と返された。

public/.htaccess に
RewriteBase /~xxx/l4/ecommerce/public
と追加したら、http://localhost/~xxx/laravel/public/users にアクセスできた。



PHPエンジニア養成読本 〔現場で役立つイマドキ開発ノウハウ満載! 〕 (Software Design plus)



JUGEMテーマ:インターネット


| tako | Laravel | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Laravel4 と Bootstrap3 を利用してPagination を利用する時
Laravel4 と Twitter Bootstrap3 を利用して Pagination を利用する際、

Laravel Paginator - Bootstrap 3 Support
1. Open up /vendor/laravel/framework/src/Illuminate/Pagination/views/slider.php
2. Replace:
<div class="pagination">
<ul>
<?php echo $presenter->render(); ?>
</ul>
</div>
With:
<ul class="pagination">
<?php echo $presenter->render(); ?>
</ul>

と変更しないと、Bootstrap3を利用した際のページネーションのリンクが縦に並ぶ。



【Amazon.co.jp限定】オリジナルステッカー付 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書2 スマートフォン対応サイト編


JUGEMテーマ:インターネット


| tako | Laravel | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
HTML::style(...) or Html::style(...) ??
Laravel4のviewで
Html::style('style/sheet/file.css')
と書いてスタイルシートへのリンクが表示されるときとエラーになる場合があるのはどうしてだろう?
HTML::style(...)
とすれば問題ないみたいだが、初期のversion 4では、Htmlでないと駄目みたい。
安定してない?


JUGEMテーマ:インターネット


| tako | Laravel | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
LaravelでPHP5.4のサーバーとApacheとでファイルのオーナーとパーミッションが異なってエラーになった
OS X で、Laravelの app/storage/sessions 以下のファイルが1つでもパーミッションが合わないと、表示してくれない。

PHP5.4+Laravel4で、コマンドラインより
php artisan serve
として
http://localhost:8000
でアクセスすると、オーナーやらパーミッションが異なるファイルになるのは知らなかった。常識なのかな・・・

Apacheを利用すると、オーナーが_wwwになり、phpのサーバーを利用するとログインしているユーザーになる。


改訂 新Linux/UNIX入門

追記
paulmason:Enable Write Permissions for the Native Built-In Apache in Mac OS X Lion
Open Terminal and Enter
sudo nano /private/etc/apache2/httpd.conf
Find and change http.conf code from
User _www
Group _www
To
User your_mac_username
Group staff
# With earlier versions such as Leopard, capitalise staff to Staff

上のようにすれば、ApacheでもPHP5.4のサーバーでも大丈夫。


JUGEMテーマ:インターネット
| tako | Laravel | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Laravel 4のインストールからHello World!表示
Laravel 4 をiMac(OS X mountain lion)にインストールしてHello World!を表示させるまでに詰まったのでメモ
userDir内へのインストール
localhost/~xxx/laravel4/public みたいな感じ

多分 http://four.laravel.com/docs/installation を参照してその通りにすれば、すんなりインストールできます。

Laeavel 4 の最新バージョンをダウンロード
https://github.com/laravel/laravel/archive/develop.zip
2013年4月27日時点ではベータ版。

任意の場所に展開。
Composerをこれの為にインストールするので、Laravel 4のプロジェクト用のフォルダへ移動。

Composerのページを見ながらダウンロード。

Downloading the Composer Executable
Locally

To actually get Composer, we need to do two things. The first one is installing Composer (again, this means downloading it into your project):

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

This will just check a few PHP settings and then download composer.phar to your working directory. This file is the Composer binary. It is a PHAR (PHP archive), which is an archive format for PHP which can be run on the command line, amongst other things.

You can install Composer to a specific directory by using the --install-dir option and providing a target directory (it can be an absolute or relative path):

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php -- --install-dir=bin



済んだら、
php composer.phar install

エラーが出る場合は、php.iniの最後に
detect_unicode=Off
と追加し、再度 php composer.phar install

app/storage のパーミッションを777に変更
chmod -R 777 app/storage

ここから
public/index.php was not found on this server.
と表示されっぱなしになった・・・。

public/.htaccess をデフォルトのままにしていたため出ていたエラー。
UserDir内でLaravelを利用する場合、デフォルトの.htaccessを少し変更
変更と言っても .htaccess の
RewriteRule ^(.+)/$ http://%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L]
を削除またはコメントアウト

これでHello World!が表示された。


HP Pavilion g6-1300AU エントリーモデル A3W19PA-AAAA

最近のノートは安い。



JUGEMテーマ:インターネット


| tako | Laravel | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Laravel macroの指定場所
LaravelでHTML::macroをどこで指定すればいいかがよくわからなかったのでメモ。




このビデオの通り、適当なファイル(macro.php)を作成し、start.php内で
require_once('macro.php');
等として呼び込めばOK。


Laravel : Building HTML Custom Macros
It's easy to define your own custom HTML class helpers called "macros". Here's how it works. First, simply register the macro with a given name and a Closure:

Registering a HTML macro:

HTML::macro('my_element', function()
{
return '<article type="awesome">';
});
Now you can call your macro using its name:

Calling a custom HTML macro:

echo HTML::my_element();



オープンソース徹底活用 CakePHP 2.1によるWebアプリケーション開発



JUGEMテーマ:インターネット

| tako | Laravel | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Laravelのview内でネスト(メモ)
Laravelのviewのネストの方法(メモ)

Controller内
$view = View::make('xxx');
$view->nest('NestArea', 'nest file');
または
return view('xxxx')->nest('NestArea', 'view file');

xxx.blade.php内で記述
{{ @$NestArea }}


値を渡す
$array = array('test' => 'test');
return view('xxxx')->nest('NestArea', 'view file', $array);


viewファイルでrenderの場合
viewファイル内
<?php echo render('Nest File 名'); ?>
xxx.blade.php内
{{ render('Nest File 名') }}



JUGEMテーマ:インターネット


| tako | Laravel | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |