無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
エディタ Atom のアイコンが変わった
Beta版で使っていたエディタのAtomのアイコンが変わった。
バージョンアップだろうか?
0.94に上がったような気がする。
気がするだけかと思い、Atomのサイトへ。

Atom Blog:Atom Is Now Open Source

オープンソースになった模様。MITライセンスとのこと。
バージョンアップでもないのかな。

GitHubの各種言語対応コーディング用テキストエディタAtomが完全にオープンソース化
今年初めにGitHubは、拡張の容易なテキストエディタAtomを非公開ベータでローンチした。そのとき同社は、そのエディタのライブラリとパッケージのうち80をオープンソースにしたが、エディタ本体はクローズドソースにされた。それから10週間後の今日(米国時間5/6)公開ベータに移行し、エディタのすべてのコードをMITオープンソースライセンスのもとにオープンソースにした。各種のプログラミング言語に対応するためのパッケージやライブラリもすべて含まれる。さらに、サードパーティの拡張をエディタにインストールするためのパッケージエディタや、ChromiumベースのデスクトップアプリケーションフレームワークAtom Shellも含まれる。




Gitポケットリファレンス



JUGEMテーマ:インターネット
| tako | インターネット関連 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Vagrant にMySQL5.7インストール
Web帳:VirtualBoxとVagrantで開発環境を構築 その2 PHP + MySQLインストールkakiro-webカキローウェブ:CentOS6.5 64bitにMySQL5.6.17をRPMからインストールをそのまま見てインストールできました。


ローカルのVagrantfileがある場所に格納します。

http://cdn.mysql.com/Downloads/MySQL-5.7/MySQL-shared-compat-5.7.1_m11-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm

http://cdn.mysql.com/Downloads/MySQL-5.6/MySQL-client-5.6.13-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm

http://cdn.mysql.com/Downloads/MySQL-5.6/MySQL-server-5.6.13-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm

ダウンロードし格納完了しましたら。
vagrantにssh接続し、/vagrant へ移動。
先程のファイルが同期されているのを確認のうえ、以下のコマンドでインストールを行います。
1 sudo yum localinstall MySQL-shared-compat-5.7.1_m11-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm
2 sudo yum localinstall MySQL-client-5.6.13-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm
3 sudo yum localinstall MySQL-server-5.6.13-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm


とあったので、MySQLのダウンロードへ。
環境はMac OSX 10.9。
MySQL Mirrors からミラーサイトを選んで、
ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/mysql/Downloads/MySQL-5.7/
ftpより、
MySQL-client-5.7.4_m14-1.el6.i686
MySQL-shared-5.7.4_m14-1.el6.x86_64
MySQL-server-5.7.4_m14-1.el6.x86_64
を選んでダウンロード。
Vagrantfileのあるフォルダへコピー。

sudo yum localinstall MySQL-shared-5.7.4_m14-1.el6.x86_64
sudo yum localinstall MySQL-client-5.7.4_m14-1.el6.i686

インストールok。

sudo yum localinstall MySQL-server-5.7.4_m14-1.el6.x86_64
このとき「ファイル /usr/share/mysql/charsets/hebrew.xml (パッケージ MySQL-server-5.7.4_m14-1.el6.x86_64 から) は、パッケージ mysql-libs-5.1.73-3.el6_5.x86_64 からのファイルと競合しています。」とエラーメッセージが大量に出たので、Googleで検索すると、はじめての自宅サーバ構築日記:CentOS 6.5 MySQL 5.6 インストールに解決方法がありました。

yum list installed | grep mysql
mysql-libs.x86_64 5.1.73-3.el6_5 @updates
sudo yum remove mysql-libs.x86_64

書いてある通りにmysql-libs.x86_64 を削除すると、インストール完了。

sudo service mysql start
MySQLを起動し、root のパスワードを変更して終了。

sudo cat /root/.mysql_secret

# The random password set for the root user at Fri Sep 6 19:22:09 2013 (local time): xxxxxxxx
このような感じで表示します。xxxxxxxx が初期パスワードに該当します。

mysql -u root -p
でログイン。先程のパスワードを入力。リターン。
早速、初期パスワードを変更しましょう。

mysql > SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('NEWPASSWORD');
NEWPASSWORD部分を任意のパスワードに変更。

mysql> FLUSH PRIVILEGES;

最後は上記のsql文で反映させます。




実践ハイパフォーマンスMySQL 第3版


JUGEMテーマ:インターネット
| tako | インターネット関連 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
WordPress3.9に手動アップグレードでWarning: Invalid argument supplied for foreach() ...
WordPress3.9がリリースされたので、手動でアップグレードしようとしたら詰まった。

エラーの内容は、WordPress.orgのサポートフォーラムにあるInvalid argument supplied for foreach().....と同じ。

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /xxx/xxx/xxx/xxx/www/wordpress/wp-includes/plugin.php on line 622


現時点で解決策は取り立てて無さそうなので、下記のファイルもアップロードした。

  • index.php
  • license.txt
  • readme-ja.html
  • readme.html
  • wp-activate.php
  • wp-blog-header.php
  • wp-comments-post.php
  • wp-config-sample.php
  • wp-cron.php
  • wp-links-opml.php
  • wp-load.php
  • wp-login.php
  • wp-mail.php
  • wp-settings.php
  • wp-signup.php
  • wp-trackback.php
  • xmlrpc.php



とりあえずWarningが出なくなった。



WordPressで作る 今日からはじめるウェブサイト


JUGEMテーマ:インターネット


| tako | インターネット関連 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
VagrantとMacの共有フォルダ
Vagrant+VirtualBox内のCentOS 6.4とMacの共有フォルダがあるけれど、この/vagrant内のパーミッションてもしかして変更できないのだろうか?
Mac側から変更すればできるのだろうか?

CentOS側から
sudo chmod 777 <フォルダ名>
としても
r-x から変わらない。


Vagrant入門ガイド


JUGEMテーマ:コンピュータ


| tako | インターネット関連 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
javascriptが動かない理由が・・・
jQueryを読み込んでJavaScript(単純なもの)を動かそうとしたら、動かなかった。それで3時間くらい悩んだが、原因は単純なことでした。

<script type="javascript" src="http://code.jquery.com/jquery-1.10.2.min.js"></script>
とヘッダ部分に書き、jQueryを読み込む。
body以下
<form method="post" action="/">
<input id="btn" type="button" value="ボタン">

<script type="javascript">
$("#btn").click(function(){
alert('クリック');
});
</script>

Chromeで確認するも、全く動かず。
onClickで直にalert("test");とすると、動作する。不思議だなと考えていたが、結局のところ、jQueryのファイルが読み込まれていなかった。
<script type="text/javascript" src="...">
このtext/が抜けていたからっぽい。
HTML5で書いていたから?それともそれが普通の仕様だったのか。いずれにせよ、勉強になりました。



Webデザイナーのための jQuery入門 魅力的なユーザーインターフェースを手軽に作る (Books for Web Creative)


JUGEMテーマ:インターネット


| tako | インターネット関連 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
PhoneGap/Cordovaのコマンド使ったらデフォルト状態へ戻った
Cordova/PhoneGapのコマンドラインを利用したエミュレータの起動をして動作確認しようとしたら、ファイルが全部初期状態に戻った。
index.htmlやindex.jsなど変更して保存した内容が全て無くなった・・・

$ cordova emulate android

これでエミュレータ起動。ページで紹介されている画面が出てきて「?」と思いつつ、Android Studioを起動したら、ファイルの中身が元に戻った状態になっていた。

Android/iPhone/Windows Phone対応 jQuery Mobileスマートフォンアプリ開発



JUGEMテーマ:インターネット






| tako | インターネット関連 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MacでPhoneGapを使おうと準備メモ
Android StudioとPhoneGapを利用してAndroidアプリを作れるようにどうするか?と思い立ったのでメモ。

参考
岩手からこんにちは ☆彡 perl とかウェブ系なブログ:phonegap and Android Studio on Mac OSX Mountain Lion
PhoneGap Documentation:The Command-line Interface
Memorandum blog:[Node.js]Node.jsをインストールする手順をメモ by Mac

Android Studio app をダウンロードしてインストール
そのままだと警告が出てくるので、「control」ボタンを押しながらクリックして開くと注意が出てきて開ける。

PATHを通す
$ vi ~/.bash_profile

export PATH=${PATH}:/Applications/Android¥ Studio.app/sdk/tools:/Applications/Android¥ Studio.app/sdk/platform-tools

$ source ~/.bash_profile

node.jsインストール
Homebrewから
brew install node

npmも入るので
$ vi ~/.bash_profile
export PATH=$PATH:/usr/local/share/npm/bin
を追加
$source ~/.bashrc


PhoneGap インストール
$ sudo npm install -g cordova

任意のフォルダへ移動して
$ cordova create HelloWorld com.example.hello "HelloWorld"

こんな感じでファイルが作成される
├── merges
├── platforms
├── plugins
└── www
├── config.xml
├── css
│   └── index.css
├── img
│   └── logo.png
├── index.html
├── js
│   └── index.js
├── res
│   ├── icon
│   │   ├── android
│   │   │   ├── icon-36-ldpi.png
│   │   │   ├── icon-48-mdpi.png
│   │   │   ├── icon-72-hdpi.png
│   │   │   └── icon-96-xhdpi.png
│   │   ├── bada
│   │   │   └── icon-128.png
│   │   ├── bada-wac
│   │   │   ├── icon-48-type5.png
│   │   │   ├── icon-50-type3.png
│   │   │   └── icon-80-type4.png
│   │   ├── blackberry
│   │   │   └── icon-80.png
│   │   ├── ios
│   │   │   ├── icon-57-2x.png
│   │   │   ├── icon-57.png
│   │   │   ├── icon-72-2x.png
│   │   │   └── icon-72.png
│   │   ├── tizen
│   │   │   └── icon-128.png
│   │   ├── webos
│   │   │   └── icon-64.png
│   │   └── windows-phone
│   │   ├── icon-173-tile.png
│   │   ├── icon-48.png
│   │   └── icon-62-tile.png
│   └── screen
│   ├── android
│   │   ├── screen-hdpi-landscape.png
│   │   ├── screen-hdpi-portrait.png
│   │   ├── screen-ldpi-landscape.png
│   │   ├── screen-ldpi-portrait.png
│   │   ├── screen-mdpi-landscape.png
│   │   ├── screen-mdpi-portrait.png
│   │   ├── screen-xhdpi-landscape.png
│   │   └── screen-xhdpi-portrait.png
│   ├── bada
│   │   └── screen-portrait.png
│   ├── bada-wac
│   │   ├── screen-type3.png
│   │   ├── screen-type4.png
│   │   └── screen-type5.png
│   ├── blackberry
│   │   └── screen-225.png
│   ├── ios
│   │   ├── screen-ipad-landscape-2x.png
│   │   ├── screen-ipad-landscape.png
│   │   ├── screen-ipad-portrait-2x.png
│   │   ├── screen-ipad-portrait.png
│   │   ├── screen-iphone-landscape-2x.png
│   │   ├── screen-iphone-landscape.png
│   │   ├── screen-iphone-portrait-2x.png
│   │   ├── screen-iphone-portrait-568h-2x.png
│   │   └── screen-iphone-portrait.png
│   ├── tizen
│   │   └── README.md
│   ├── webos
│   │   └── screen-64.png
│   └── windows-phone
│   └── screen-portrait.jpg
├── spec
│   ├── helper.js
│   ├── index.js
│   └── lib
│   └── jasmine-1.2.0
│   ├── MIT.LICENSE
│   ├── jasmine-html.js
│   ├── jasmine.css
│   └── jasmine.js
└── spec.html

Before you can build the project, you need to specify a set of target platforms. Your ability to run these commands depends on whether your machine supports each SDK, and whether you have already installed each SDK. Run any of these from a Mac:

$ cordova platform add android
$ cordova build


HTML5/JavaScriptとPhoneGapで作るiPhoneアプリ開発入門



JUGEMテーマ:インターネット


| tako | インターネット関連 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |